失恋した後の自分の慰め方と東京ミュウミュウ16話

ユニコーンペガサスオラクル メッセージ

最近、東京ミュウミュウに再熱し小さい頃の懐かしさを噛み締めてます(^^)

こんにちは、見つけて下さってありがとうございます!日置ちひろです。

 

緑川レタスちゃんという登場人物の恋物語をえがいたアニメオリジナルのストーリーです。

このエピソードが、失恋した時自分の慰め方として素晴らしかったので、ご紹介します。

※ネタバレするので、注意

 

 

結論から言うと、彼女の恋は実りません。

ですが、彼女は言いました。

「今はまだ心が痛いですが、でもいつか、もう少し時間が経てば、きっと、こう思えるはずです。恋をして良かったって。」

好きだった自分の気持ちまで否定しなくていい。

相手の嫌いな部分をわざわざ探して嫌いになる必要はない。

愛した時間を否定しない。

想いが強い分忘れる事なんてできません。

忘れられないと言うことは、あなたは薄情では無かった、そこにしっかりと気持ちがあったのだと。ご自身を褒めてあげて下さい。

あなたは素晴らしいです。

レタスちゃんは恋をして

好きな本をさらに読み勉学に励み

料理を頑張ってお弁当をつくったり

笑顔が増え

いじめっ子達にも立ち向かう勇気を持ったり

焦がれる気持ちが分かったこそ、相手の気持ちを汲み取り

その掛け替えのない時間は、実らなかった結果しだいで無駄と言ってしまうのは余りにも勿体ないです。

結果が全て。

と言う意見も勿論尊重しますが、結果を受け止めどう自分が成長したか、結果の内側にある宝物を探すのが好きです(*´꒳`*)

だって、宝探しは探すから楽しくて、

宝探しは簡単に見つからない方が発見した時嬉しいから。

失恋の痛み、その痛みが強いほど

あなたはしっかりと相手を愛してたんだよ。

だから、大丈夫。

無理に嫌いになろうなんて思わなくて大丈夫。憎まなくても大丈夫。

無理に忘れなくて大丈夫。

辛いし、痛むけど、いつか必ず

あなたは恋をして良かった。と思えるからね。

Pocket

タイトルとURLをコピーしました