自分の愛し方7ステップ

ユニコーンペガサスオラクル スピリチュアル

こんにちは☺️日置ちひろです。

本日は、自分の愛し方をご紹介します。

自分の愛し方はシンプルに自分を否定しない。
あるがままを受け入れる。

から様々な派生があり、様々な方法があります。

 

人によって愛し方は違うので、参考までにご覧下さいね☺️

これ!自分に合っているな!って思ったら実行してみて下さいね✨

また、自分を愛さなきゃ!や、これらのステップが修行的になってしまったり、やらなければならない!など、宿題的要因や予定になるならばやらなくても大丈夫✨

やりたい時にやって、やはりたくない時はやらなくて大丈夫なんだよ✨

毎日やらなければ駄目!なんて、世界はそんな心の狭い事言わないんだよ☺️

1.自分を赤ちゃんの様に接する

自分を赤ちゃんのように接してあげる。

例えば優しい素材で体を包んでみたり。

優しい食事、消化吸収のよい食べ物を食べさせてあげる。

ゲップが出たら、偉いね!

うんちが出たら、すごいね!

ご飯食べたら、いいこね!

泣いたら、どうしたの?

普段当たり前な事を褒めてあげる。

あとは、モコモコの泡で身体を洗う✨

優しくね、丁寧に、自分が赤ちゃんだと思って摩擦レスでね、洗ってあげてね。

2.綺麗にしてあげる

化粧してもいいし、新しい口紅買ってあげてもいいし、新しい服買ってもいいんだけど、

買い足すよりは、今できる範囲で自分を可愛がってあげるといいかもね。

例えば、ブラシで髪を溶かしたり。

爪を切ったり、ハンドクリーム塗ったり、グルーミングしてあげるの☺️

自分が身を置いている物を綺麗にして

居心地の良い空間を自分に作ってあげてもいいかもしれないよね☺️

3.瞑想

瞑想のやり方は人それぞれだし、決まりもない。

頭を空っぽに出来れば良いと思うよ。

呼吸に意識を向けるたりね。

最初はたった30秒、呼吸に意識を向けるだけで

いいと思うの。

吸って吐いて吸って吐いてって。

あとは、集中出来れば何でもいい

ピアノ弾いたり、絵を描いたり、今に戻れる事をしてあげる。

明日の心配や過去の心配は、世界に任せて大丈夫だよ。

4.観察する

これは瞑想と繋がるね。

自分を観察します。

例えばイライラしてたら、

今私はイライラしています!現場の私さん!今のお気持ちは?

なんて感じで実況してみるといいかもしれません、自分を知れるよ!

自分を観察すると

何に対して不満があるか分かってきます。

何に思考を奪われているか、固定されているか分かるようになってきます。

例えば、昔ね私は歯並び悪くて

それが凄くコンプレックスで、自分の悪い所を全部歯並びのせいにした事があります。

私が勉強できないのも、彼氏ができないのも、私の歯並びが悪くてブスだから、全部うまくいかないんだ。

って、自分以外の誰かが褒められたりすると、あの子はかわいくて歯並びが良いから好かれているんだ。

って思い込んでいたの。

だから、歯を矯正したんだけど

今度は歯並びじゃなくて、鼻の毛穴が気になったりね😄笑

私は〇〇だから好かれない。って思い込みが凄くて、こればっかりに思考が奪われていてね、

そんな思考に気がついて、話を聞いてあげたら

最終的に”ありのままの私は好かれない。”

にたどり着いたんだよね。

思考はずっとそう思ってたみたい。

だから、私はそうやって思い込んでいた思考を否定する事もなく、

そうだったんだね。辛かったね。

と肯定し、ありのままでも好かれていた事を少しずつ教えてあげて仲良くなりました。

私の不満って結局

ありのままの自分は嫌われる。ありのままの自分を出さず空気を読み、そのように振る舞い続ける自分に不満があったみたいなんだよね。笑

5.良いところも悪いところも受け入れてあげる

4番と繋がるかな?

自分の良いとだけじゃなく、個性的な部分も受け入れてあげる☺️

何者かになろうとしていたら、何者でもない自分を受け入れ。

何者でもないと思っていたら、何者である自分を受け入れあげる。

6.理想や自分を固定しすぎない

自分とは〇〇だ!

と決めつけたり、固定しすぎてしまうと

固定から外れた部分が許せなくなったり

認めてあげられなくなっちゃう

〇〇でも▲▲でもいいんだよ。

自由にしてあげてね✨

7.頭を撫で、抱きしめる

自分の頭を撫でたり、抱きしめたりするの

結構いいよ!!笑

誰かに見られたくないから、トイレでやってたりする!仕事中とかね😄病んでるでしょ?笑

でも結構いいのよ!これが!😄

最後に☺️

そんな事分かってるけど出来ない!って思うあなたへ、焦らなくても大丈夫✨

世界はいつまでもあなたに愛を注いでいます。

Pocket

タイトルとURLをコピーしました