カードの浄化方法

浄化で一番大切な事 スピリチュアル

こんにちは。日置ちひろです。
カードの浄化方法はライトワーカーによって異なるので、どれが正しいとはかありませんが、私が行っているカードの扱い方について紹介したいと思います。

浄化方法

カードに番号がある場合は番号順に並べ、左手でデッキを持ち、右手をカードの背に置き「カードがリラックスできますように。カードが癒されますように」と心で念じて、最後に背中をポンっと押してあげます。

カードの浄化方法

 

その他にも、セージで浄化したり、日光浴させてあげたり、大切なのはカードを思いやる心です。

もし、その場で浄化が出ない場合でも、頭の中でカードを思い浮かべカードを思い浮かべるだけで浄化出来る事もあります。

何が良くて、何が駄目とかは無く、その時の気分や環境によって浄化方法を変えてみたりするのも良いでしょう。

カードが疲れていると感じたら

カードは時々疲れてしまいます。なんとなく影が見えたり、埃ぽくなったり、元気が無いな、、、。と感じたら休ませてあげましょう。

浄化してあげるのも1つの手です。
カードさん達は天然の香りが好きなように感じます。ティッシュにアロマオイルを垂らしボックスに入れるとカードがリフレッシュしゆっくり休める事があります。人間が安眠できるようにアロマを炊くのと同じです。

また、持ち主が元気なのであれば、自分のエネルギーを吹き込んであげるのも良いでしょう。

カードを両手で持ち、自分とカードが繋がっている事をイメージし、自分の心から溢れ出す愛を循環させます。

自分がパイプになっているイメージで、キラキラした光や水の音や森林の香りなど、自分にとって心地よいと感じる空間をイメージをカードに流していきます。

もし、それが難しい場合は「カードさん大好き!」という純粋な気持ちを思うだけで、エネルギーは流れていきます。

エネルギーを流した後は、カードは太陽の下で干したふかふかのお布団みたいにふっくらしています。

愛のエネルギーは内側から溢れ出すので、カードにお裾分けしても無くなる事はありません。

カードにエネルギーを入れ込む方法

浄化で一番大切な事

浄化で一番大切な事色々方法を伝えましたが、一番大切な事は、気持ちです。

つまり、カードへの愛です。高いセージや高いお香やアロマが良いと言われているのは、高い品質の商品は大量生産と比べると生産者の愛情が入っていたりするんですよね。
ですが、けして高いものを与える事が良いわけではありません。安くても、アイテムを使って浄化しなくても「癒してあげたいな」「リラックスしてほしいな」「お疲れ様」など心からの気持ちが大切です。

100円ショップのトランプでも気持ちを入れ、浄化すると占いで使えるカードに変ってしまうくらい、気持ちって大切なんですよね。カードへの信頼関係や思いやり気持ちが大切。だから、あまり形式や儀式、順番やアイテムに拘らなくても大丈夫!と私は思います。

カードを乱暴に扱っている人について

乱暴と感じるのは人それぞれです。
例えばあからさまに叩きつけたり、殴ったり、唾を吐いたりするのは問題外ですが、カードのシャッフルが乱暴に見える事があっても別にそれで大丈夫です。
乱暴に見えるのは、個々の基準によってそう見えるだけで、あまり気にしなくても大丈夫です。
もし、そのように感じるのであればきっと、あなたは良くやっているのだと感じます。
カードの浄化が面倒に感じたり、なにか負担になっている部分が自分の中に無いか?問い合わせてみましょう。もし、なにか負担になっていたら、一時休止しても大丈夫です。疲れた時は浄化しなくたって、丁寧に扱う事が出来ない自分を責める必要はありません。

 

同じメーカーのカードであっても、ブランドが同じでも、カードデッキにも性格があります。

少し粗いシャッフルの主に行くカードさん達は、それなりにタフでエネルギッシュな子が行っています。人それぞれに合った主人の元へカードは引き寄せられます。

 

カードの中には、過剰に崇拝する事を嫌う子が居ました。
繊細でラミネート加工が無く、丁寧に扱わないと壊れてしまうカードでしたから、使用する頻度が少なくなり、お姫様のように扱っていたら「私は、畏まられるのが嫌なの、もっとラフに扱って寂しい」と伝えてきた子が居ました。そのような子は少し乱暴に見えるくらい力強くシャッフルされる事を求めていたりします。

かと思えば、自意識過剰で自身に溢れている子がいたり、繊細で弱く優しいけど2~3回使うとヘトヘトになってしまう子など、本当に個性豊かな子供たちと居るみたいで、勉強になってます。

個々の性格に合わせて、指示の仕方を工夫するのも悪くないです。

なので、扱い方がどうとかで罰はあたらないと私は思うなっ♪

 

Pocket

タイトルとURLをコピーしました